投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

AWSの消し忘れ

こんにちは、熊本事務所の菊池です。

先月ほど、社内の研修でAWSは料金が怖くて手が出せないという話がありました。
しかしながら、AWSの一部サービスは毎月ある程度の時間は無料で動かせたりします。
そのため学習で軽く動かす程度ならお金は掛かりません。
そこで、私個人のアカウントでどれだけ料金がかかっていたか確認することにしました。
各機能をざっと触ったぐらいなので500円にも満たないはずです。

11月合計:$46.44
こんなはずではなかった。

明細を見ていくとEC2とRDSが課金の大半を占めていた様子。

詳細(一部抜粋)
 EC2
  EC2稼働(Unix) :$0.18
  ロードバランサー :$17.51
 RDS
  MySQLインスタンス :$11.34
 S3
  リクエスト  :$0.02
  ストレージ容量 :$0.01

ロードバランサーはお試しで利用した後すぐにインスタンスを止めていたはずでした。
が、明細に記録された利用時間は1ヶ月フル稼働の約720時間。

EC2インスタンスだけでなくロードバランサーも削除する必要があるみたいでした。
RDSについても同様で、インスタンスを"停止"させていましたが稼働時間の中に含まれていました。
一方のEC2本体は12時間稼働して、途中は負荷をかけてオートスケーリングまでして、
S3にリクエストをたくさん投げていましたが、請求額は0.18ドル。
また、AWS資源の無駄を省いていった場合は、全料金が差引き4ドルに満たないことも判明。

母親が無駄に電気を使うなと言っていた理由が分かった気がしました。
AWSはお金がかかるのか?結果としてはお金がかかってしまいました。
正しく使うことができれば安価で色々できるとは思います。

皆さんもAWSリソースはバックアップを取りつつこまめに解放するように気を付けましょう。